〒112-0004
東京都文京区後楽2-21-10 白岩ビル1F
 【飯田橋駅】
東京メトロ東西線・南北線・有楽町線、JR総武線
都営地下鉄大江戸線
  徒歩約10分        【春日駅】
 【後楽園駅】        都営地下鉄大江戸線・三田線
東京メトロ南北線・丸の内線   徒歩約10分
 徒歩約10分
e-mail okuyama.keito@owlgym.com

管理栄養士のワンポイントアドバイス

身の周りにある食材や食品について、ワンポイントアドバイス

keito
Nov 21, 2017

水化物の中で日本人の身体に最も合っているお米。 お米は日本人が昔から食べてきた主食で、小麦粉などと比べると消化が良く栄養も吸収しやすいんです。 それに、お米を食べようと思うと、必然的におかずも食べたくなると思います。 肉や魚などメインとなるおかずや、納豆や野菜系のおかず…2品くらいは欲しいですね。 このようにお米を食べるときって、知らぬ間に食事のバランスが良くなっちゃいます。 飲食店でごはんかパン
keito
Nov 5, 2017

日本が誇る伝統食の中でも、健康づくり身体づくり双方の観点からぜひ取り入れたい食品、納豆。 納豆に含まれる主だった成分は、タンパク質分解酵素のナットウキナーゼかと思います。 ナットウキナーゼは、血液の塊である血栓を溶かし血液をサラサラにする効果があり、全身に食べた栄養を身体中に届けるサポートをします。 また、成長ホルモンを活性化させるアルギニンというアミノ酸が豊富なので、免疫力アップや身体づくり・新
keito
Nov 3, 2017

白菜は食物繊維が豊富で、ビタミンC、カリウム、亜鉛、マグネシウムなどの栄養素がバランスよく含まれる野菜。 しかし、白菜のビタミンCは加熱により壊れやすい性質があるため、シャキシャキした食感を残すくらいの加熱がおすすめです。 また、そのほかの栄養素も水に溶けやすい性質があるため、鍋の食材として使う場合は、スープまで食べることで栄養素を無駄なく摂取できます。
keito
Sep 30, 2017

美肌効果があると注目されるコラーゲン。 このコラーゲンを含む代表的な食材がフカヒレですが、実はこれだけでは美肌になりません。 美肌作用を働かせるには、ビタミンCが必要なのです。 ですから、中華料理店などでフカヒレを食べるときは、野菜炒めや野菜サラダを一緒にオーダーするのがおすすめ。 サラダは、トマトなどの緑黄色野菜が多く入っているものを選ぶとより良いでしょう。
keito
Aug 25, 2017

オリーブ油は、どのスーパーでも取り扱いがありとても手に入りやすい油。 自宅で洋食を作るときには欠かせない油でしょう。 ですが洋食だけでなく、ぜひ普段の料理のサラダ油代わりに使ってみてください。 オリーブ油は、加熱に強く酸化しにくいため、長期の保存が可能。 また、摂りすぎが懸念されている『オメガ6』の成分は、サラダ油の約1/5程度。 悪玉コレステロールを減らして、善玉コレステロールは現状維持してくれ
keito
Nov 11, 2017

たんぱく質の供給源として重要な肉や魚介類。 肉には旬はありませんが、魚介類には旬があります。 旬の魚介類は、その季節に必要な栄養をその魚が持っていて補ってくれます。 それに旬の魚介類はなによりも味が美味しいのが特徴。 冬が旬の魚介類は、 タラ、ひらめ、ふぐ、ぶり、カレイ、石鯛、まぐろ、牡蠣などです。 ぜひ季節ごとの旬の魚介類を意識するとよいでしょう。 「魚介類の旬ってよく知らないな…」という人も、
keito
Nov 3, 2017

焼き魚と漬物は和食の定番ともいえる組み合わせ。 しかし、焼き魚のこげに含まれるジメチルアミンというたんぱく質は、漬物に含まれる亜硝酸と体内で結合して、ニトロソアミンという発がん性物質に変化するといわれています。 この組み合わせて食事を楽しみたいときは、柑橘系の果汁を一緒に摂るとよいでしょう。ニトロソアミンの生成を抑える効果が期待できます。
keito
Oct 1, 2017

野菜に含まれるビタミンの中には油に溶ける性質のものがあり(脂溶性ビタミン:ビタミンA・D・E・K)、油といっしょに摂ることで吸収率が高まるため、油が入ったドレッシングをかけるか、お好みの油を混ぜるのがおすすめ。 ダイエット中や健康を気にしてノンオイルドレッシングを選んだ時は、脂肪の燃焼を助けるココナッツオイルやオメガ3系油を含むえごま油、アマニ油などを混ぜると、より効果的です。
keito
Sep 9, 2017

カルシウム豊富な発酵食品、ヨーグルト。 ヨーグルトのカルシウムは温めることで吸収率が良くなり、乳酸菌は活性化すると言われています。 ただし、温度は乳酸菌が壊れてしまわないよう人肌程度が理想的。 電子レンジ500W 30秒~40秒加熱でちょうどよい温度になります。 また、乳酸菌をきちんと腸に送り届けるには、胃酸から守ってあげなくてはなりません。 最近は酸に強い乳酸菌食品が販売されていますが、酸の耐性
keito
Aug 12, 2017

ごまの風味が食欲をそそる、ごま油。 和食や中華など、その活躍の場はとても多いかと思います。 ごま油を摂るときには、ぜひお魚一切れも食べるようにしてみてください。 ごま油は【オメガ6】という油の種類で、この油ばかり摂りすぎるとアトピーやアレルギーを悪化させたり、善玉コレステロールを減らしてしまいます。 魚に含まれる【オメガ3】の油を摂ることで、バランスが整い、身体への悪い影響が起こりにくくなります。
keito
Nov 7, 2017

生ものや発酵食品には酵素が含まれています。 そして、人の身体の中にも酵素があり、唾液や胃液の中に含まれ食べたものを消化して細かく分解するための『消化酵素』と、食べたものをちゃんと燃やす代謝を行うために必要な『代謝酵素』の2つに大きく分けられます。 この代謝酵素はアミノ酸(たんぱく質)、ビタミンやミネラルなどから作られます。 もともとこれらの酵素は身体の中にありますが、体内の酵素の量は決まっており消
keito
Nov 3, 2017

大根おろしとしらすは味の相性がよく、よく見かける組み合わせですが、実は食べ合わせNGの組み合わせ。 大根に含まれる酵素は、しらすが持つリジンという栄養素の吸収を阻害してしまうのです。 リジンは身体の成長や疲労回復などに働く、健康維持に必要な栄養素。 しらすおろしを食べる時は、大根おろしにレモンやゆずなどの柑橘類の果汁や酢を加えると、酵素の働きを抑える効果が期待できます。
keito
Oct 1, 2017

卵が血中コレステロール値を上昇させると根拠としていたのは、ロシアで行われたウサギの実験によるもの。 人間の場合、ウサギのようにはコレステロールが上昇することはありません。 卵の栄養を生かして摂るなら、緑黄色野菜と一緒に油でいためる料理がおすすめ。 卵に含まれているビタミンAは油と合わせることで吸収率が高まり、卵に不足しているビタミンCや食物繊維も補てんされて、バランスよく栄養を摂取できます。
keito
Aug 25, 2017

抗酸化作用、アンチエイジング、これらに関係しているのは緑黄色野菜だと思っている方、多いのではないでしょうか。もちろん、間違ってはいません。 ですが、他にも強力な抗酸化作用を持つ食品があります。 それは『にんにく』です。 にんにくは、高い殺菌作用・抗酸化作用と免疫向上作用により、アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)が認めたパワーフード。体温を上げ脂肪の燃焼にも一役買ってくれるので、ぜひとも日常的